職業はペインター

彫り師 アーティストです




最も大切にしていることは

感じ取ることとそれを表現すること


周りの人 人間関係 人から影響されることはたくさんあるんで それを一個一個大事にするなりました



目の前の人が完成した刺青を見たりとか

自分の絵を見て影響があったりだとか

それを自信にしてくれたりだとか

直接関わってる人の評価が

とっても嬉しいです



きっかけは出会いですね

ファーストタトゥーを入れに行った時に 自分の絵を持って行って で「これ入れて下さい」って言ったら そこの彫り師さんが評価してくれて そのままスカウトしていただきました



高校生ぐらいかな

まぁ何の知識もなく 「画家になりたい」って思って ただ一生懸命描いてたんですけど


美術の先生に「お前無理だ」と

「画家はひとつまみしかなれない」って 言われた時に大泣きしましたね 本当に

ちょっと真に受けちゃってっていう

初めての挫折はありました


若い時はいろんなバイトしましたけど

絶対 絵を描いていて 辛い時とかも

「絵の仕事をしたい」

「何か好きなことで仕事したい」

っていうのはずっとあったので

どうやって受け入れたかっていうよりは こうなるべきだと思ってました



でもなんか「最もふさわしいか」って

言われたら分かりません

毎日確かめながらこれでいいのかと

自問自答しながらやってます



何のためにしているかと言うと 本当に正直に言ったら生活のためです

あとは自分自身 絵に携われるんで 毎日

絵を通して直接コミュニケーションが取れる

人と交われるって言うことが

私はすごい好きなので

何のためにって言われたら そこかな


「やりたいことを見つけた者勝ち」って 私 お父さんに本当によく言われたんですよ ちっちゃい時から

そん時はなんだか

よく分かんなかったんですけど


でもそれって別に

「何かの仕事に就かなきゃいけない」

「雇われに行かなきゃいけない

っていうんじゃなくて

「気づいたら仕事になってた」とか

そういう夢を作りやすい世の中なんで


なんか仕事のジャンルにとらわれないで

興味があるものを見つけることから した方がいいんじゃないかと思います 



やりたいことじゃなくても 好きなものとか 話すことだったり 何でもいいんですよ絶対あると思うんです

やるべき事というか 使命というか ちっちゃくてもいいんで でもそれを自分の中でいかに会話して拾えるか で それ追求していけるか

やりたいことをやっても冷めてしまう人

私は全然ありだと思うんです

なんか日本人の風潮で

「職人みたいなのがかっこいい」

っていうのがありますけど

浅く広くでも別に私はいいと思うんで


でもなんか「嫌だから辞める」じゃなくて

「やりたいことあるから辞める」

っていう選び方しなさいっていう

偉そうですけど

本当にやりたいことを見つけた者勝ちなので


何でもいいんですけど

別に悪くてもいいんですよ

少しでも興味があるんだったら

やってみなって思います



Tattoo Artist in Tokyo 2020 www.monologue365.jp






いわゆる不動産屋さんですけども

不動産業ですね


最も大切にしてることはやっぱり信頼ですね

信頼をお客様から得ることが大切です





お客様のニーズに応えてあげられた

そして喜んでくれているなという表情を見て

充実感を感じますね



きっかけはですね

もともと建物を設計したり美しい建物を

見て歩ったりするのが

好きな頃があったんですが

やはり父親の影響が大きいですね





自分は小学生とか中学生だったと思いますけど

私の亡き父親が不動産業を初めてやった時

初めての取引を子供の頃見てて

その喜ぶ顔が忘れられず

大人になってからも

それがきっかけになったのかなぁと思います





もう40年以上この仕事を

やってきてるわけですけども

もう自分の手足のような職業

もう不動産=自分

自分=不動産 どこにいても不動産のこと考えてる

誰と会っても結局は不動産に繋がるような毎日



他の仕事は確かにたくさんあるんですが

多くの他の仕事の要素を

不動産業だけで含んじゃってるので

10人のお客さんを相手したら

10種類の仕事なんですね


その日々の毎日が

楽しくてということでしょうか

これ以上満足できる仕事はないですね




若い頃の理想の仕事は

一時 俳優になりたいなぁと

なんか演じたいと思って

劇団東俳っていうのがあったんですけど

それの第1期生に合格しまして

通ったことがあります





そのレッスンがですね

とても厳しくて 「耐えられないなぁ」

と思った時があるんですが


ここから逃げ出したいなという時に

偶然 不動産にもかじり始めた時だったので

ちょうど「不動産の方のがいいな」という形に

なったことを今思い出しますね



自分のやりたい事が分からない人は 自分もそんな時があったんですけど

自分の先輩とか大人の人でもいいんですけど

好きなタイプの大人っているじゃないですか

その人の真似をしてみたりするのが

いいんじゃないかしら


その人はどんな職業かわかんないですけど

好きな人の真似をすれば

その仕事も楽しくなるんじゃないかなと



まぁとにかく頭で考える前に

色々やってみる以外ないですね


多分人との出会いとかに繋がってって

大して好きじゃない仕事も

好きになったりするもの

「いや実はこれが好きだった」ってことに

気がついたりするような気がするので

とにかくいろいろやってみることが

大事なのかもしれないですね



良い例じゃないかもしれませんが

私も多趣味なんですが

その一つの趣味に没頭すると

まぁその趣味のプロになっちゃうんですよね

知り尽くす


そうすると飽きちゃうんですね

人から見れば「あいつは飽きっぽい」

って思うかもしれないんですけど

自分は達成しちゃってるから飽きちゃう



これと一緒でどんどん冷めても

趣味を消化した形になるんで

なので飽きっぽくてもいいと思います

やることだけやればね


まぁとにかく

いろいろやってみることじゃないですか

そして人と出会うことですね

そのこと自体が楽しいですね

と思います


Real Estate Agent in Tokyo 2020 www.monologue365.jp






振付師とダンサーをしています






アーティストの振りを作る

バックダンサーの振りを作る

っていうことなんですけど


自分がまず楽しむことと

自分が振り付けを作った時に

アーティストさんだったり

それを見に来たお客さんに

喜んでもらえるかどうかということを

一番大切にしています





きっかけは

映画監督になりたくて 実は


映画監督になりたくて

ミュージカルを始めて

ミュージカルの学校だからダンスやらされて

したらダンスがかっこいいじゃん

おもしろいじゃん





で ダンスを突き詰めて続けていく中で

どんどんダンスが楽しくなっていって

自分もどんどんダンスの

レベルが上がっていって

そしてそれでお金をもらえるようになって


気づいたらダンスだけやってた

っていう感じですね





何のためにって聞かれると

難しいっちゃ難しいですけど

まず第一は自分が好きだからやってるのと


今は自分のことを必要としてくれる

アーティストがいてくれて

「そのファンたちの声援に応えなきゃっていう

アーティストの気持ちに俺らは答えなきゃ」

っていうふうに

ここ数年は思えるようになりましたね





もちろんお金がなくて

厳しい時もまだまだあるし

周りでもっと成功してる奴たくさんいたら

恨めしい気持ちにもなるし


「もっと幸せになれるか」って言われたら

難しいかもしれないですけど

今のままでも割と順風満帆と言うか

「他の仕事が」とかって思ったら

「今が一番幸せな仕事かな」

って思ってます





でも 自分の仕事は勧めません

決して楽な仕事じゃないし


「頑張ればああなれるんだ」

って思いがちなんだけど

多分頑張ってもなれないんで


もちろんみんな頑張った中で

運が良かった まず

巡り合わせとか人との巡り会いが良くて





たまたま運よくこう形になって

それでご飯が食べれてっていう

形になってくれてるので


「ダンサーとして生きていきたいんです」

って言われたら

僕は「やめときな」ってまず絶対言います





ちっちゃい頃

小学生中学生ぐらいの頃は

お医者さんになるのが理想でした

家族が全員医者だったので


途中で僕は学校

ドロップアウトしたんですけど

多分もう医者には

望み薄だなって思っていて





その理想の職業になれない

っていうことよりも

「この先 何をしよう」

「何かやらなきゃ」

「何か自分したいのかな」

っていう方向ではすごく悩みました





本当に仕事って

たくさんあると思うんですけど

まぁでも自分が好きじゃなきゃ

あんまり意味がないな

っていう生き方をしてきたんで


いろいろな選択肢はきっとあるんだけど

「まずやりたいことやってみなよ」

っていうのと





やりたいことやっても

冷めちゃうんだったら

もうやりたいこと以外のところに

フォーカスをする

当てるしかないのかなって


例えば彼女なり

結婚して家庭があったら

そのために働くとか

独り身だったらとりあえずお金稼いで

ワンランク上の生活をするために頑張るとか

昇進するために頑張るとか


でもそれって結果

幸せに繋がると思うんで





でも 何かやりたいことが

もしわからなかったら

無理して見つかることじゃないじゃんって

なんか 自分がそうやって

やりたいことを見つけようと思って

見つけたわけじゃないし


とりあえずやろうで

始めたまま続いてるダンスが

そのまま今の仕事になってくれたので





結局 今それが一番自分の

やりたいことになってるから

もしないんだったら無理に

やりたいこと探す必要はないし





「やりたいことがあるまで

好きなように生きてみたら」

「何か違う方法試してみたら」か


どっちかですかね

その二つの



Choreographer and Dancer in Tokyo 2020 www.monologue365.jp




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モノローグ365 monologue365

Test Video page will be updated until the end of April

TOKYO shooting will be started in April 2020

​Turkey, Ukraine, Australia and HAWAII will be next

We need new guys who can dedicate lives to build this media

  • Line
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

All contents are belonged to monologue365 JJT