No.18 Auto Driver in south India





私はタクシーの運転手をやってるの


夫が亡くなった年に始めたから

もう8年になるわね


息子がいるんだけど

夫が亡くなった時 まだ7歳だったけど

進学してもう高校生になったわ


私ね この仕事に就けて幸せよ


だって もし会社に勤めていたら

具合が悪かったり 病気になった時

おうちに戻れないでしょう

でも これに乗って仕事をしていたら

いつでも家に帰れるじゃない?


それに 私はこの仕事のオーナーなのよ

もちろん 思ったよりも

お客が拾えない時もあるわ


反対に 予想以上の時もあるけどね

でも どちらにしたって 私は幸せなのよ


だってね 売上の良し悪しについて

誰かと不満を言い合う

必要が無いでしょう

私の商売なんだからね


朝から晩まで運転しっぱなしなの

まぁ これ以外にできることが

無いってことなんだけど


でもね

何も知らないってわけじゃないわよ

コピー機の使い方だって知ってるし

家で内職をしたりもするわ

他にも 色々とできるんだから


私はね 自立した人間でいたいのよ

そのためにタクシーを運転するの


この仕事は私の愛の表現とも言えるわね

私はこの仕事を愛してる


タクシーを運転するっていうのが 好きなのよ

だから この仕事が務まるんだと思うわ


そう タクシーよ

私はこの仕事を愛してるわ


この街 (チェンナイ市) の運転は とてもひどいのよ

だから 1番大切なのは 事故に合わないようにすること

みんな 全然ルールを守らないの


荒い運転をする人ばかりだけど

そんなのダメじゃない?

もう8年にもなるから

流石に慣れてはきたけど


それでも 気を抜けない仕事よ

ちゃんと交通マナーを守れば

もっと安全に走れるのにね


このタクシーはね

私にとっては 神様からの贈り物なのよ


深い充実感を得る時は そうね

息子と楽しく過ごせる時ね


もちろん お金をたくさん稼げたときは

とってもとってもハッピーよ

分かるでしょ


反対にね 大嫌いなのは 飲酒と喫煙

私のタクシーの中では 絶対にお断りだわ


だって ストレスじゃない


私が女性なのに

タクシーの運転手をやっていることを

褒めて 励ましてくれる人もいるわ


でも それは女性と教養のある人だけね


からかってくる人も いるの

だからね 女性がこの仕事をするのって

とても 大変なことなのよ


Auto Driver in south INDIA summer 2018

www.monologue365.jp

モノローグ365 monologue365

Test Video page will be updated until the end of April

TOKYO shooting will be started in April 2020

​Turkey, Ukraine, Australia and HAWAII will be next

We need new guys who can dedicate lives to build this media

  • Line
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

All contents are belonged to monologue365 JJT